DohNa(ドーナ)!!」利用規約

 

本利用規約(以下「本規約」と言います。)には、本サービスの提供条件及び当社と登録ユーザーの皆様との間の権利義務関係が定められています。本サービスの利用に際しては、本規約の全文をお読みいただいたうえで、本規約に同意いただく必要があります。

 

1条(適用)

1.    本規約は、本サービスの提供条件及び本サービスの利用に関する当社と登録ユーザーとの間の権利義務関係を定めることを目的とし、登録ユーザーと当社との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されます。

2.    当社が当社ウェブサイト上で掲載する本サービス利用に関するルールは、本規約の一部を構成するものとします。

3.    本規約の内容と、前項のルールその他の本規約外における本サービスの説明等とが異なる場合は、本規約の規定が優先して適用されるものとします。

 

2条(定義)

本規約において使用する以下の用語は、各々以下に定める意味を有するものとします。

(1) 「サービス利用契約」とは、本規約及び当社と登録ユーザーの間で締結する、本サービスの利用契約を意味します。

(2) 「知的財産権」とは、著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、またはそれらの権利につき登録等を出願する権利を含みます。)を意味します。

(3) 「当社」とは、ウェルネット株式会社を意味します。

(4) 「当社ウェブサイト」とは、そのドメインが「dohna.jp」である、当社が運営するウェブサイト(理由の如何を問わず、当社のウェブサイトのドメインまたは内容が変更された場合は、当該変更後のウェブサイトを含みます。)を意味します。

(5) 「登録ユーザー」とは、第3条(登録)に基づいて本サービスの利用者としての登録がなされた個人または法人を意味します。

(6) 「本サービス」とは、当社が提供する「DohNa(ドーナ)!!」という名称で提供するサービス(理由の如何を問わずサービスの名称または内容が変更された場合は、当該変更後のサービスを含みます。)を意味します。

 

3条(登録)

1.    本サービスの利用を希望する者(以下「登録希望者」といいます。)は、本規約を遵守することに同意し、かつ当社の定める一定の情報(以下「登録事項」といいます。)を当社の定める方法で当社に提供することにより、当社に対し、本サービスの利用の登録を申請することができます。

2.    当社は、当社の基準に従って、第1項に基づいて登録申請を行った登録希望者(以下「登録申請者」といいます。)の登録の可否を判断し、当社が登録を認める場合にはその旨を登録申請者に通知します。登録申請者の登録ユーザーとしての登録は、当社が本項の通知を行ったことをもって完了したものとします。

3.    前項に定める登録の完了時に、サービス利用契約が登録ユーザーと当社の間に成立し、登録ユーザーは本サービスを本規約に従い利用することができるようになります。

4.    当社は、登録申請者が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、登録及び再登録を拒否することがあり、またその理由について一切開示義務を負いません。

(1) 当社に提供した登録事項の全部または一部につき虚偽、誤記または記載漏れがあった場合

(2) 反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味します。以下同じ。)である、または資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営もしくは経営に協力もしくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流もしくは関与を行っていると当社が判断した場合

(3) 過去当社との契約に違反した者またはその関係者であると当社が判断した場合

(4) 9条(登録抹消等)に定める措置を受けたことがある場合

(5) その他、当社が登録を適当でないと判断した場合

 

4条(登録事項の変更)

登録ユーザーは、登録事項に変更があった場合、当社の定める方法により当該変更事項を遅滞なく当社に通知するものとします。

 

5条(パスワード及びユーザーIDの管理)

1.      登録ユーザーは、自己の責任において、本サービスに関するパスワード及びユーザーIDを適切に管理及び保管するものとし、これを第三者に利用させ、または貸与、譲渡、名義変更、売買等をしてはならないものとします。

2.      パスワードまたはユーザーIDの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等によって生じた損害に関する責任は登録ユーザーが負うものとします。

 

6条(禁止事項)

登録ユーザーは、本サービスの利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為または該当すると当社が判断する行為をしてはなりません。

(1) 法令に違反する行為または犯罪行為に関連する行為

(2) 当社、本サービスの他の利用者またはその他の第三者に対する詐欺または脅迫行為

(3) 公序良俗に反する行為

(4) 当社、本サービスの他の利用者またはその他の第三者の知的財産権、肖像権、プライバシーの権利、名誉、その他の権利または利益を侵害する行為

(5) 本サービスのネットワークまたはシステム等に過度な負荷をかける行為

(6) 当社が提供するソフトウェアその他のシステムに対するリバースエンジニアリングその他の解析行為

(7) 本サービスの運営を妨害するおそれのある行為

(8) 当社のネットワークまたはシステム等への不正アクセス

(9) 第三者に成りすます行為

(10) 本サービスの他の利用者のIDまたはパスワードを利用する行為

(11) 当社が事前に許諾しない本サービス上での宣伝、広告、勧誘、または営業行為

(12) 本サービスの他の利用者の情報の収集

(13) 当社、本サービスの他の利用者またはその他の第三者に不利益、損害、不快感を与える行為

(14) 当社ウェブサイト上で掲載する本サービス利用に関するルールに抵触する行為

(15) 反社会的勢力等への利益供与

(16) 前各号の行為を直接または間接に惹起し、または容易にする行為

(17) 前各号の行為を試みること

(18) その他、当社が不適切と判断する行為

 

7条(本サービスの停止等)

当社は、以下のいずれかに該当する場合には、登録ユーザーに事前に通知することなく、本サービスの全部または一部の提供を停止または中断することができるものとします。

(1) 本サービスに係るコンピューター・システムの点検または保守作業を緊急に行う場合

(2) コンピューター、通信回線等の障害、誤操作、過度なアクセスの集中、不正アクセス、ハッキング等により本サービスの運営ができなくなった場合

(3) 地震、落雷、火災、風水害、停電、天災地変などの不可抗力により本サービスの運営ができなくなった場合

(4) その他、当社が停止または中断を必要と判断した場合

 

8条(権利帰属)

1.      当社ウェブサイト及び本サービスに関する知的財産権は全て当社または当社にライセンスを許諾している者に帰属しており、本規約に基づく本サービスの利用許諾は、当社ウェブサイトまたは本サービスに関する当社または当社にライセンスを許諾している者の知的財産権の使用許諾を意味するものではありません。

2.      登録ユーザーは、投稿データについて、自らが投稿その他送信することについての適法な権利を有していること、及び投稿データが第三者の権利を侵害していないことについて、当社に対し表明し、保証するものとします。

3.      登録ユーザーは、投稿データについて、当社に対し、世界的、非独占的、無償、サブライセンス可能かつ譲渡可能な使用、複製、配布、派生著作物の作成、表示及び実行に関するライセンスを付与します。また、他の登録ユーザーに対しても、本サービスを利用して登録ユーザーが投稿その他送信した投稿データの使用、複製、配布、派生著作物を作成、表示及び実行することについての非独占的なライセンスを付与します。

4.      登録ユーザーは、当社及び当社から権利を承継しまたは許諾された者に対して著作者人格権を行使しないことに同意するものとします。

 

9条(登録抹消等)

1.      当社は、登録ユーザーが、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、事前に通知または催告することなく、投稿データを削除しもしくは当該登録ユーザーについて本サービスの利用を一時的に停止し、または登録ユーザーとしての登録を抹消、もしくはサービス利用契約を解除することができます。

(1) 本規約のいずれかの条項に違反した場合

(2) 登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合

(3) 当社からの問いあわせその他の回答を求める連絡に対して【30日】間以上応答がない場合

(4) 3条(登録)第4項各号に該当する場合

(5) その他、当社が本サービスの利用、登録ユーザーとしての登録、またはサービス利用契約の継続を適当でないと判断した場合

2.      前項各号のいずれかの事由に該当した場合、登録ユーザーは、当社に対して負っている債務の一切について当然に期限の利益を失い、直ちに当社に対して全ての債務の支払を行わなければなりません。

 

10条(退会)

1.      登録ユーザーは、当社所定の方法で当社に通知することにより、本サービスから退会し、自己の登録ユーザーとしての登録を抹消することができます。

2.      退会にあたり、当社に対して負っている債務が有る場合は、登録ユーザーは、当社に対して負っている債務の一切について当然に期限の利益を失い、直ちに当社に対して全ての債務の支払を行わなければなりません。

3.      退会後の利用者情報の取扱いについては、第16条(利用者情報の取扱い)の規定に従うものとします。

 

11条(本サービスの内容の変更、終了)

1.      当社は、当社の都合により、本サービスの内容を変更し、または提供を終了することができます。

2.      当社が本サービスの提供を終了する場合、当社は登録ユーザーに事前に通知するものとします。

 

12条(地図情報の完全性等の不保証)

当社は、DohNa!!で使用する地図情報の完全性・有用性・正確性・即時性等を保証するものではなく、地図情報の内容等に関して利用者に損害が生じたとしても、当社に故意又は重過失が無い限り、当該損害について何ら保証するものではありません。

 

13条(GPS取得精度についての免責)

DohNa!!にて用いる位置情報とは、DohNa!!対応端末に搭載されるGPS機能で取得した緯度・経度情報及び基地局の情報(GPS機能を有していないDohNa!!対応端末の場合は、基地局の情報のみを用います。)を指します。DohNa!!対応端末に搭載されるGPS機能は、衛星からの電波を利用しているため、建物の中、高層ビル群地帯、高圧線の近く、密集した樹木の近くではGPSの電波を受信しにくい、もしくは受信できない場合があり、このような場合は基地局の情報のみを用いて位置の測位を行います。また、基地局の設置状況又はDohNa!!対応端末の電波状況により基地局情報を正確に取得することができない場合があります。これらの場合、位置情報と実際の位置に大きな誤差が生じることや、位置情報を得られないことがあります。

 

14条(保証の否認及び免責)

1.      当社は、本サービスが登録ユーザーの特定の目的に適合すること、期待する機能・商品的価値・正確性・有用性を有すること、登録ユーザーによる本サービスの利用が登録ユーザーに適用のある法令または業界団体の内部規則等に適合すること、及び不具合が生じないことについて、何ら保証するものではありません。

2.      本サービスまたは当社ウェブサイトに関連して登録ユーザーと他の登録ユーザーまたは第三者との間において生じた取引、連絡、紛争等については、登録ユーザーが自己の責任によって解決するものとします。

 

15条(秘密保持)

登録ユーザーは、本サービスに関連して当社が登録ユーザーに対して秘密に取り扱うことを求めて開示した非公知の情報について、当社の事前の書面による承諾がある場合を除き、秘密に取り扱うものとします。

 

16条(利用者情報の取扱い)

1.      当社による登録ユーザーの利用者情報の取扱いについては、別途プライバシーポリシー(https://cstm.dohna.jp/privacy_policy.html)の定めによるものとし、登録ユーザーはこのプライバシーポリシーに従って当社が登録ユーザーの利用者情報を取扱うことについて同意するものとします。

2.      当社は、登録ユーザーが当社に提供した情報、データ等を、個人を特定できない形での統計的な情報として、当社の裁量で、利用及び公開することができるものとし、登録ユーザーはこれに異議を唱えないものとします。

 

17条(本規約等の変更)

当社は、当社が必要と認めた場合は、本規約を変更できるものとします。本規約を変更する場合、変更後の本規約の施行時期及び内容を当社ウェブサイト上での掲示その他適切な方法により周知し、または登録ユーザーに通知します。但し、法令上登録ユーザーの同意が必要となる内容の場合は、当社所定の方法で登録ユーザーの同意を得るものとします。

 

18条(連絡/通知)

1.      本サービスに関する問い合わせその他登録ユーザーから当社に対する連絡または通知、及び本規約の変更に関する通知その他当社から登録ユーザーに対する連絡または通知は、当社の定める方法で行うものとします。

2.      当社が登録事項に含まれるメールアドレスその他連絡先に連絡または通知を行なった場合、登録ユーザーは当該連絡また通知を受領したものとみなします。

 

19条(サービス利用契約上の地位の譲渡等)

1.      登録ユーザーは、当社の書面による事前の承諾なく、サービス利用契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできません。

2.      当社は本サービスにかかる事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴いサービス利用契約上の地位、本規約に基づく権利及び義務並びに登録ユーザーの登録事項その他の顧客情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、登録ユーザーは、かかる譲渡につき本項において予め同意したものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。

 

20条(分離可能性)

本規約のいずれかの条項またはその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効または執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定及び一部が無効または執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。

 

21条(準拠法及び管轄裁判所)

1.      本規約及びサービス利用契約の準拠法は日本法とします。

2.      本規約またはサービス利用契約に起因し、または関連する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的な合意管轄裁判所とします。

 

附則
本規約は、2020130日から有効とします。

 

 

電子チケット利用規約

 

本電子チケット利用規約(以下「本規約」と言います。)は、ウェルネット株式会社(以下「当社」と言います。)が管理・運営する「DohNa!!」による電子チケット(以下「車券」と言います。)の購入・発券、利用および取扱い(以下「本サービス」と言います。)にする事項が定められています。

車券の利用に際しては、本規約の全文をおみいただいたうえで、本規約に同意いただく必要があります。

 

第1条      

1.         適用範

(1)   本サビスは、本規約の定めるところにより、本規約に定めのない事項については、法令、各運送事業者(以下『運送事業者』という)の運送約款の定めるところ、サビス提供事業者(以下『サビス事業者』という)の定める規則、又は一般の慣習によります。

(2)   本規約の趣旨、法令、運送約款及び一般の慣習に反しない範で本規約の一部項について特約を定めた場合は、項の定めにかかわらず、その特約によります。

(3)   DohNa!!」において取り扱う商品又はサビスにして、個別規定を設定する場合があります。この場合、該個別規定は、本規約および運送約款と一体となり力を有します。また、本規約と個別規定が異なる場合には、個別規定が優先するものとします。

 

2.         通知および通知の完了

DohNa!!」により提供するサビス、制度その他運する利用者への通知は、「DohNa!!」ホムペジへの示により行われるものとします。

なお、該通知が「DohNa!!」ホムペジ上に示された時点をもって利用者への通知が完了したものとみなします。

 

3.         事業者の指示

DohNa!!」により予約売・購入されたサビスを利用する際は、利用する運送事業者およびサビス事業者の指示にってください。

 

第2条       本サービス

1.         本サービスは「DohNa!!」を通じ、スマートフォンなどのWEBアクセス可能な通信端末を介して提供されます。

2.         本サービスでは、運送事業者およびサービス事業者が発行する定額企画乗車券の購入・利用および払戻しができます。

3.         本サービスの利用をご希望される場合は、「DohNa!!」の会員登録ページから当社の指定する方法により「DohNa!!」の会員に登録する必要があります。

4.         本サービスが提供する電子チケットを発行する「運送事業者」は、一般乗合旅客自動車運送事業者(バス)、鉄道事業者(路面電車、電車)、一般旅客定期航路事業者(フェリー)および一般乗用旅客自動車運送事業者(タクシー)となります。

 

5.          

 

第3条       運送の引受け

1.         運送手配の引受け

運送事業者は「DohNa!!」を利用して購入した車券類が指定する内容に基づき、次の規定又は運送事業者の運送約款等の定めにより運送の引受け又は継続を拒絶、運送の制限をする場合を除いて、利用者の運送にわる手配を引き受けます。

 

2.         運送手配の引受け及び継続の拒絶

運送事業者は「DohNa!!」を利用して購入した車券類について、以下の項目に該する場合には運送の引受け又は継続を拒絶することがあります。

     該運送の申しみが本規約および運送事業者の定める運送約款によらないとき

     該運送に適する設備がないとき

     該運送にし、申者から特別な負担を求められたとき

     該運送が法令の規定又は公の秩序若しくは善良の風俗に反するものであるとき

     天災その他やむを得ない事由による運送上の支障があるとき

     利用者が旅客自動車運送事業運輸規則の規定ならびに事業者が定める業規定等に基づいて行う措置にわないとき

     利用者が旅客自動車運送事業運輸規則の規定ならびに事業者が定める業規定等により持みを禁止された物品を携しているとき

     利用者が運送事業者の定める運送約款により持みを拒絶された物品を携しているとき

     利用者が泥した者又は不潔な服装をした者、監護者に伴われていない小等であって、他の利用者の迷惑となるおそれのあるとき

     利用者が付添人を伴わない重病者であるとき

     利用者が感染症の予防及び感染症の患者にする療にする法律による一類感染症、二類感染症、新型インフルエンザ等感染症若しくは指定感染症(入院を必要とするものに限る。)の患者(これらの患者とみなされる者を含む。)又は新感染症の所見のある者であるとき

 

3.         運送手配の制限等

(1)   天災その他やむを得ない事由による運送上の支障がある場合には、臨時に車券類(車券、座席券及び有料手回り品切符をいう。以下同じ。)の発売の制限若しくは停止、車する自動車の指定、間の制限又は手回り品の大きさ若しくは個の制限をすることがあります。

(2)   前項の規定による制限、停止又は指定をする場合には、あらかじめ、その旨を「DohNa!!」にてご案します。ただし、緊急やむを得ないときは、この限りではありません。

 

第4条       乗車券類の発売・効力

1.         乗車券類の発売

(1)   DohNa!!」では、運送事業者が土交通大臣又は地方運輸局長け出た運賃に基づき車券類を発売します。

(2)   前項にする容は、「DohNa!!」上にて記載するものとします。

(3)   本サービスで発行する乗車券類は「電子チケット」となり、紙等による発行は致しません。

 

2.         乗車券類の有効期限と利用開始期限

DohNa!!」から券する車券類には有期限と利用開始期限があります。

(1)   車券類の利用開始期限は、その車券を利用開始することができる期限となり、この時間までに利用開始しなかった場合には乗車券は無効となります。

(2)   車券類の有期限は、その車券を利用開始した時から利用終了までの期限となります。利用者はこの利用期限は、各定額企画乗車券に定められた運送およびサビスを受けることができます。

(3)   期限を過ぎた車券は無となり、利用およびチケットの表示はできません。

 

3.         乗車券類の所持

利用者は、運送機関利用時は車券類を所持しなければ車できません。

利用者は「DohNa!!」で購入した車券類を使用して車する場合においては、「DohNa!!」チケット一から表示することで車可能です。

DohNa!!」から車券を表示できない場合は、車券を所持していないものとみなし間にじて運送事業者が定める運賃をおいいただきます。

 

4.         乗車券類の無効

次の各のいずれかに該する車券類は、無とします。

(1)   利用開始期限の指定がある車券類で利用開始期限を過したもの

(2)   期限の指定がある車券類で、有期限を過したもの

(3)   面表示による車券類であって、「DohNa!!」のチケット表示機能以外によるスクリンショット等による表示や意的な容の改や修正がされている車券類

 

5.         乗車券類の呈示及び改札

利用者は、運送事業者の係員が車券類の点のため、車券類の呈示を求めたとき又は呈示された車券類を改札しようとするときは、これを拒むことはできません。

利用者は、運送事業者の係員がやむを得ないと認め車券購入の事を確認できる場合に限り、車券類の呈示なしに車することができます。

 

6.         身分証明書等の所持

特定の資格、証明を件に発売された車券類を使用する利用者は、車券の使用資格を有することを証明する書類を所持しなければならず、かつ、運送事業者の係員が該書類の呈示を求めたときには、これを拒むことはできません。

前項の書類を所持せず、又は呈示を拒んだ利用者は、車券を車について使用できません。この場合において、車券を一時領置することがあります。

 

第5条       乗車券類の利用開始期限等

車券類の利用開始期限は、購入日から日以内とします。ただし、運送事業者が路線に設定する開始時刻、時期、および発売停止などがある場合はそれにいます。

 

第6条       運賃・料金

DohNa!!」において車代金(発売額)は、定額企画乗車券ごとの利用可能範、期限により運送事業者が設定した金額となります。

購入した定額企画乗車券は、それぞれの指定した期限利用範囲内で利用可能です。

 

第7条       定額企画乗車券(周遊券・1日乗車券)

1.         定額企画乗車券の定義

DohNa!!」において発売する定額企画乗車券は、特別な件(間、路、設備、発売期間、設定期間、発売制限等)を付して発売する車券を言います。

 

2.         定額企画乗車券の有効期限

定額企画乗車券の利用開始期限は、券面に記載の日または時間までとします。

定額企画乗車券は利用開始時にアプリ上で利用開始ボタンを押下することで利用開始となり、券面に表示される有期限まで有となります。利用開始以降の払戻しは不可能となります。

 

3.         定額企画乗車券の種類

DohNa!!」において発売する定額企画乗車券は以下のものとなります。以下の定額企画乗車券以外の取扱いはできません。

函館バス1車券 カンパス

市電1車券

市電専用24時間乗車券

函館バス市電1車券

函館バス市電2車券

 

第8条       購入

1.         乗車券の購入箇所

車券の購入については、「DohNa!!」にて取扱います。

なお、紙媒体の車券については「DohNa!!」においては購入できません。

 

2.         乗車券の購入方法

車券の購入は、以下により施します。

(1)   DohNa!!」にて、購入しようとする車券を選します。

(2)   クレジットカド情報を入力して、決します。

(3)   完了後、「チケット」から購入車券の確認および利用開始が可能になります。

 

3.         乗車券の購入数

車券は1件の購入手きで最大8名まで購入できます。

購入できる件に制限はありません。

ただし、購入者と同行する場合においてのみ有となるため、別行動になる場合はそれぞれご購入ください。また、購入後の車券の分割はできません。

 

第9条       乗車

1.         定額企画乗車券の乗車

定額企画乗車券による車方法および利用方法は以下の通りです

DohNa!!面下部の「チケット」を選し、利用開始みの企画乗車券を選面に表示します。

務員の求めにじてチケット面を提示してください。

期間を限定して函館バス一部区間において、QR改札を施しております。チケット面のQRドボタンを押し、表示されるQRドをバス備え付けのQRみ取らせてください。

定額企画乗車券によっては、施設などの割引を受けられる場合があります。割引象の施設窓口にてチケット面を提示してください。

 

第10条    手数料

1.         払戻手数料

払戻しに際して、1名にして以下の手料を申し受けます。

定額企画乗車券によって手料額が異なる場合があります。

定額企画乗車券   520円以

ただしDohNa!!」を利用した乗車券の期限内払戻しに際しては、実証実験期間中は手数料を徴収しないことがあります。

 

 

第11条    払戻

未使用の乗車券類を所持する利用者が、利用者の都合によって車を取りやめるときは、利用者の請求により次の各に規定する運賃の払戻しをします。

 

1.         払戻の要件

車券類の払戻しにあっては、車券類の通用期間かつ利用開始前に手きをする必要があります。

きをすることなく、車券類の通用期間を過した場合の払戻はいたしません。

また、払戻し手きの取消はできません。

なお、払戻しは利用開始期限までに払戻し手続きが終了した場合にのみ可能となります。

 

2.         払戻しの計算

定額企画乗車券の払戻し額については、有期限で未使用な場合に限り、車券販額から払戻料を控除した額とします。

 

3.         定額企画乗車券の払戻し箇所

DohNa!!」で購入した車券類は、「DohNa!!でのみ払戻しが可能です。運送事業者の窓口へお越しいただいても払戻しはできません。

また、窓口でお買い求めいただいた車券類は「DohNa!!」では払戻しできません。

 

4.         払戻しの方法

(1)   DohNa!!」のチケット一覧画面から該当のチケットを選択し、「払戻しする」ボタンからお手続きください。なお、利用開始後および利用開始期限後は、「払戻しする」ボタンは表示されません。

(2)   払戻しには、10に定める手数料がかかります。

 

 

第12条    返金

利用者が払戻しにより返金を受ける場合には下記のいずれかを選して返金を受けとります。

 

1.         クレジットカード返金

クレジットカドで購入した車券類の返金時に選可能です。

 

第13条    運休時の取り扱い

運送事業者、サビス事業者は災害またはその他の事由により事前の予告なく運行ビスを中止する場合があります。「DohNa!!」にて利用開始後の場合は、運休時においても車券の払戻しはできません。

 

運行中止の期間において未使用の有車券を所持する利用者にしては、受した運賃及び料金の払戻しを行います。この際、払戻料および取消手料は申し受けません。

 

第14条    特殊な取り扱い

1.         乗り越し

DohNa!!」で購入した定額企画乗車券の利用範を越えて運送機を利用する場合は、利用範を越える間の運賃が別途必要となります。

 

2.         小児無賃輸送

利用者(6の小を除く。)が同伴する1以上6の小については利用者1人につき1人を無賃とし、1才未の小については無賃とします。ただし、運送事業者運送約款の定めと異なる場合は、運送事業者が定める運送約款が優先します。

なお、該無賃旅客の年っていることが確認された場合においては、本うべき普通旅客運賃およびそれと同額の割運賃及び割料金を申し受けます。

 

3.         乗車券の他者利用

DohNa!!」で購入した車券は、員登した本人を含む同時利用者のみが利用可能となります。

DohNa!!」利用者と別行動となる場合は、それぞれが「DohNa!!員登を行ったうえで購入、ご利用ください。

 

 

第15条    本サービスご利用上の注意

(1)   通信端末の電波受信状況や、その他通信端末の機能上の制限により本サービスの提供を受けられない場合があります。

(2)   DohNa!!」を利用して購入された乗車券により引受けされた各運送事業者の運行等に関する事項については、運送契約を引き受ける運送事業者との運送契約によるものとなり、当社は責任を負わず、対応もできません。

 

第16条    会員資格を失った時の取扱い

(1)   利用者が「DohNa!!」の会員資格を失ったときは、お預かりしている利用開始期限前の乗車券があった場合においても、当該乗車券の利用はできなくなります。

(2)   利用者は、会員資格を失った場合においても「DohNa!!」で既に購入した乗車券の代金について、支払いの責を負うものとします。

 

第17条    質問、お問合せ等の受付

本サービスに関する質問、苦情、ご意見に関する問い合わせについては、下記により受け付けます。なお、下記で受け付ける問い合わせ内容は本サービスに関わるものに限り、各運送事業者との運送契約および運行内容や運行状況に関する内容については、各運送事業者へお問い合わせください。

また、利用者と各運送事業者ならびにサービス事業者との間に発生した問題の仲介はできません。

お問合せメールアドレス:support@dohna.jp

ウェルネットコールセンター:050-3205-10659:00-17:00

 

第18条    本サービス規約の変更

当社は、当社が必要と認めた場合は、本サービス規約を変更できるものとします。

本サービスを変更する場合、変更時期および変更内容を当社ウェブサイトへの掲示等による方法により適切に周知します。

ただし、法令上利用者の同意が必要となる内容の変更の際は、当社所定の方法で利用者の同意を得るものとします。

 

附則
本規約は、2020130日から有とします。